協同組合アイビーは外国人技能実習生の受入れを通じ技能、技術又は知識を開発途上地域等への移転を図り、経済発展を担う「人づくり」に寄与しています。

協同組合アイビー

外国人技能実習制度

外国人技能実習制度の概要

投稿日:

技能実習制度は、最長3年の期間において、技術・技能・知識を、雇用関係の下で実習を行い、実践的かつ実務的に習熟することを内容とするものです。
諸外国の青壮年労働者等を日本に受け入れ、日本の産業・職業上の技術、技能を修得してもらい、自分の職業生活の改善や諸外国 ( 母国 )の産業、企業の発展に寄与することを目的とした公的な制度です。

 

 

社内の活性化

技術習得や業務に対しても非常に意欲的で、
日本で習得した技術・技能を自国でも活かしたいという意識が高く、日本人社員への刺激に
もなり、社内の活性化につながります。

国際的視野の拡大

技能実習生を通じて、受け入れ企業の海外戦略、経済交流を実現する可能性が開けます
そのため、技能実習生を受け入れることは国際的な視野の拡大につながります。

業種経験者の採用ができる

技能実習生として、受け入れる人材は、すべて母国で、その業種に就いている経験者が
対象になります。そして年齢・経験などを考慮した上で、優秀な人材を選ぶことができます。

国 際 貢 献

受入れた技能実習生に自社の技術・技能・知識等を伝えることで、彼らの国の産業経済の発展に寄与できます。

-外国人技能実習制度

Copyright© 協同組合アイビー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.